14日に行われた東アジア選手権韓国戦(1-3)で岡崎とFW玉田圭司がトップ2を組むのは約6年ぶりとなる

パラッツォ 三国